忍者ブログ
[234] [233] [232] [231] [230] [229] [228] [227] [226] [225] [224
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

minorities graphics 新作です。

今回は・・・
架空のホラー・カー・アクション映画!のポスターを想定した
デザインです。


DEADMOBILE




http://www.upsold.com/dshop/mygoods/minorities/p/11002940






http://www.upsold.com/dshop/mygoods/minorities/p/11002928



さて、毎度ばかばかしいのは百も承知(笑)
minorities graphics がでっち上げた架空の映画
『デッドモービル』の内容はこんな感じでございます・・・

アメリカ南部の平和な田舎町に、ある日突然、そいつは現
れた!1973年型のシボレー・カマロがまるで意志を持っ
たかのように無人のままで暴走を始め、善良な町民たちを
次々に襲撃し、轢き殺して行く。「もうこれ以上の犠牲者
は出せない・・・」正義感が強い保安官(ジョージ・ケネ
ディ)は事件のなぞを解明すべく孤軍奮闘、町外れの墓地
でついに殺人カマロを追いつめるのであったが、彼はそこ
で信じられない光景を目の当たりにする。果たして保安官
が目撃したものは一体なんだったのか!?

というわけで、どうも恐縮です(笑)

無人のクルマが暴走して人間をブッ殺すという設定は、
『ザ・カー』や『クラッシュ!』(←クローネンバーグのでは
ない)などの1970年代に製作された映画からの引用です。

カー・アクション+ホラーというテイストの映画は、ほかにも
『悪魔の追跡』や近作ではタランティーノの『デス・プルーフ』
なんかがありますが、スピードのスリルと得体が知れぬ何かが
暗躍する恐怖とが相まって、鑑賞時のドキドキハラハラ度は文
句なしにマックス!ええ、もう大好きなジャンルですね♪

さて、忘れないうちにTシャツの紹介なんですが・・・(笑)

出来るだけ実存する映画のように、ハッタリかましたポスター
デザインは細かい部分にまで凝ってみました。
もちろん、このての映画にはありがちな、実に大袈裟なキャッ
チコピーを入れるのも忘れてはいません。
カマロに殺されているのは『ブラッド・ピーセス』の女の人だ
ったりしますけれど、そこはまあご愛嬌ということで(笑)






http://www.ttrinity.jp/shop/minorities/design/1462629



けっこう良い雰囲気が出ていると思いますよ!
映画好きな方は是非!



それではよろしくお願いします。
PR
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Twitterボタン
Search
minorities graphics
Copyright ©   minorities graphics   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]